ニキビ肌にオイルクレンジングを使う時のポイント

クレンジングオイル

ニキビ肌にクレンジングオイルは良くないと言われますが、種類を選ぶことで使用できるタイプもあるあります。

 

ニキビ肌でも使えるクレンジングは、ニキビの状態に関わらず含まれている界面活性剤、含まれている油分、テクスチャーから判断し、通常行なっているメイクの濃さも考えて選びます。

 

クレンジングに含まれる界面活性剤は洗浄力の役割を果たしており、この洗浄剤が肌質によって、使い方次第で負担を感じる場合があります。

 

クレンジングオイルは界面活性剤の配分が多い

クレンジングオイルなど良くメイクを落とすことができるタイプには界面活性剤が多く含まれていることが多いです。
表示されている成分にあるラウリル硫酸ナトリウムなどが界面活性剤で、ニキビができている肌は炎症を起こしている状態でもあり刺激に弱くなっているため、ニキビ肌には界面活性剤の洗浄力によって刺激となる場合があります。

 

天然オイルも注意が必要

ニキビがある場合は油分はあまり多くないタイプがおすすめされる理由として、油分はニキビの原因となるアクネ菌のエサになり、ニキビを悪化させる可能性があるためで、最近話題の植物性のオイルでもニキビのエサとなるオレイン酸を含む栄養価が高いオイルは使用を控えるようにしましょう。

 

オイルクレンジングをニキビ肌に使う場合

クリームタイプなどは固さがあるため手にのせた時に厚みができ、厚みがあるとクッションの役割となり肌への摩擦を少なくします。これらを考慮するとニキビがある肌に使うクレンジングオイルは、ホホバオイルのようなタイプが良く、界面活性剤が配合されていなく、油分は控えめのタイプを選ぶことが良い選択となります。

 

ホホバオイルは油脂ではなく、植物性のワックスに分類されており、皮脂に似た構造を持ち、酸化しにくい性質や皮脂を落とす効果が高いことから、界面活性剤を使わずにクレンジングすることができる天然オイル

 

また、精製されていないホホバオイルにはビタミンA、E、D、ミネラルなどバランスの取れた高い栄養素を含んでいることから、ニキビ肌のケアにもおすすめされることが多いです。

 

 

アテニアスキンクリアクレンズオイル公式