クレンジングオイルをマツエクに使用するのがおすすめされない理由

マツエクメイク

クレンジング力が高く、濃いアイメイクなども落としやすいことで、忙しい女性にもクレンジングオイルは人気です。
ただ、マツエクをした目元のクレンジングにはおすすめされませんよね。

 

マツエクをした目元はオイルフリークレンジングなどで落とすことが勧められるなど、マツエクに対してクレンジングオイルはNGということが多いです。

 

なぜマツエクにはクレンジングオイルは向かないのか?

マツエクとクレンジングオイルの相性が良くないと言われる理由にはマツエクを接着している仕組みと関係があります。

 

マツエクの仕組み

マツエク

マツエクの仕組みは1本の地まつ毛に対して、主にナイロン製の毛をマツエク専用の接着剤であるグル―で付けていくというのが基本です。

 

そして、このグルーの存在がクレンジングオイルとの相性を悪くしている理由となってしまうんです。

 

マツエクの接着剤グルーは油分で分解しやすく、さらに水によって硬化もしやすく、この二つが重なると接着強度が脆くなり、取れてしまいやすくなります。
オイルクレンジング対応のグルーもありますが、基本としてはマツエクのグルーに対してはオイルは不向きというのが一般的です。

 

マツエクを付けた目元のクレンジングはオイルフリーのクレンジングかエクステ専用のクレンジングを使い分けてメイクを落とすことが大切です。

 

また、グルーに対してオイルを使うことで、脆くなった接着部分が折れ曲がるなど、目を傷つけてしまう原因にもなります。

 

マツエクをした目元のメイク落としに適したクレンジングタイプは?

ここでま説明したように、マツエクとクレンジングオイルは相性は良くありません。ただ、中にはマツエクに対応したクレンジングオイルもありますが、そこまでしてクレンジングオイルを使うという方は少ないです。

 

マツエクにはオイルフリーのクレンジングが安心

マツエクのグルーがオイルとの相性が良くないこともあり、オイルフリーのクレンジングはマツエクをした目元のクレンジングにおすすめです。
また、リキッド、ミルク、ジェルなど種類も増えて、お好みのテクスチャーも選びやすく、メイクの濃さにも合わせやすいので、マツエクをした目元にはオイルフリーのクレンジングを選ぶことをおすすめします。

 

マツエクに負担をかけないクレンジングのポイント

マツエクはオイルフリーのクレンジングを使えばOK!というのに安心して、誤ったクレンジング方法をしてしまうと、マツエクの寿命が短くなったり、運が悪いと取れてしまったりしてしまいます。

 

マツエクを長持ちさせるクレンジングの基本は、目の周りを先に落とし、そのあとにまつ毛部分や目元を落とすのが基本です。
そしてまつ毛部分は、まつ毛の流れに沿って、上から下という流れで馴染ませるのがポイント、また、目元を落とす場合にもしっかりとこだわりたい方は、綿棒などにクレンジングを含ませて時間をかけて落とす方もいます。

 

すすぎやタオルドライにも注意

せっかくマツエクに気を使ってクレンジングしてもすすぎの時にこすってしまったり、タオルで拭いた時に取れてしまったりしてしまうので、最後まで丁寧にケアしましょうね。

 

 

目元のボリュームをアップしてくれるマツエクですが、付けてからのトラブルもゼロではありません。
正しいケアを行い、しっかりと長持ちさせましょう。


 

 

アテニアスキンクリアクレンズオイル公式