オイルクレンジングは乾燥しやすい?

クレンジングオイル

オイルクレンジングが乾燥しやすいといわれる大きな理由には一般的に界面活性剤が他のクレンジングよりも多く含まれているという点が挙げられます。

 

界面活性剤といえば、肌に良くないというイメージを持つ人もいますが、界面活性剤が入っている事で肌に浸透しやすくメイクを落とす場合、素早く綺麗にメイクを落としてくれるというメリットがあり、水分と油分を混ぜ合わせる為に働く性質を持っていることから、化粧品や洗剤などに使用されています。

 

界面活性剤界に含まれている洗浄剤が関係している

クレンジングや洗顔やシャンプーなどに含まれる界面活性剤には洗浄剤が含まれていて、この洗浄力によって、肌から必要な皮脂を落としてしまう場合があります。

 

肌の皮脂を落とし過ぎると、肌表面の皮脂膜が失われ保湿力を失ってしまう事になります。
それにより肌を乾燥を招いてしまうわけですね。

 

乾燥させないクレンジングのポイント

短い時間でクレンジングを行う

クレンジングは基本、できるだけ短い時間で行うことが大切です。
オイルタイプのクレンジングだけでなく、他のタイプのクレンジングにも洗浄剤(界面活性剤)は使用されていますので、長い時間肌に乗せ続けると肌から皮脂を落としてしまう可能性があります。

 

メイクに合わせてクレンジングを使い分ける

また、メイクの状態によってクレンジングのタイプを選ぶという事がお勧めです。
毎日オイルクレンジングをしていると、肌に負担が大きくなりますが、メイクが濃い日だけ使うようにする等、頻度を減らすだけで肌への負担を軽減させる事が出来ます。

 

クレンジングは擦らない

更に、使う時には、こすらずに優しく洗う事がお勧めです。
オイルクレンジングは浸透力が高い為、激しくこすらなくても落とす事が可能で、それにより肌への刺激を減らす事が出来ます。

 

 

界面活性剤は様々な化粧品に使用されていますが、その中で洗浄剤として使用されているクレンジングや洗顔、シャンプーは界面活性剤による乾燥の影響がありますので、使用の際には肌への負担を考慮した使い方をするように意識すると乾燥からお肌を守ることができます。


美容成分配合で肌に潤いを与えるオイルクレンジング

Grace&Lucereプレミアムクレンジングオイルの特徴

プレミアムクレンジングオイルは、オリーブオイルやマカデミアナッツオイル、ツバキオイル、ホホバ種子オイルなどの天然植物オイルだけでなく、EDFやフローレン、モクレン、アロエベラ葉エキス、フコイダンなどの天然美容成分が贅沢に配合されています。

 

そのため、洗い上がりの肌の皮脂膜を保護しつつ、潤いとハリのある状態を保つのに働きます。

 

合成界面活性剤不使用で洗い上がりがヌルつかない

プレミアムクレンジングオイルは、特殊加工により水溶性の特性を持ったオイルを使用、オイルクレンジング特有のヌルヌル感がなく、W洗顔なしで潤いはそのままでメイクがすっきり落ちます。

価格

3,780円 30日間返金保証

 

Grace&Lucere