クレンジングオイルは敏感肌には負担が大きい?

クレンジングオイル

敏感肌の方クレンジングだけでなく、スキンケア化粧品でも使うものには気を使いますよね。
クレンジングにはオイルタイプだけでなく、他のタイプにも洗浄剤が含まれているものが多いです。この洗浄剤によって皮脂を必要以上に落としてしまうことで肌のバリアが失われ、肌が反応してしまうということがあります。

 

特にクレンジングは肌に負担の大きなスキンケアですから、なるべく負担をかけないようにメイクを落とすことが大切です。
特にオイルタイプはよく落ちる分、肌に負担が大きいですから注意しましょう。

 

クレンジングオイルは洗浄力が高い分、使い方が大切

負担をかけずに落とすためには、帰宅したらなるべく早くメイクを落とすことやゴシゴシとこすらないこと、時間をかけすぎないことが大切です。
こすると角質層のダメージがおおきくなりますし、肌に触れている時間が長ければ長いほど肌のバリア機能も傷ついてしまうからです。

 

だからといって、メイクが肌に残っていると肌荒れやくすみといったトラブルの原因になります。キチンと落とすことは必要です。
しかし、肌への負担は最小限にとどめましょう。

 

クレンジングは短い時間で行うことを意識しましょう

オイルタイプは汚れが落ちやすい分、界面活性剤を多く含んでいます。そのため、肌への負担が大きくなります。
敏感肌の方は、ただでさえ肌のバリア機能が低下しています。

 

それ以上、肌にダメージを与えないように、オイルタイプのクレンジングを使うときには、必要なくなったメイクはなるべく早く落とすこと、その際には肌をこすったり時間をかけすぎたりしないように注意しましょう。

 

洗い上がりに潤う高級オイル配合クレンジング

 

アテニアスキンクリアクレンズオイル公式